nuro 光 v6 プラス

NURO光は「IPv6プラス」じゃない!通信速度への影響は?

nuro 光 v6 プラス

 

 

NURO光の「IPv4とIPv6のデュアル方式」と、ドコモ光など光コラボレーションの「IPv6プラス」では、何が違うの?

 

 

NURO光は「IPv6プラス」じゃないから、そのぶん通信速度が遅くなるの?

 

・・・という方はいないでしょうか?

 

 

 

この記事でわかること。
・「IPv4」と「IPv6」の違いは?
・NURO光の「IPv4とIPv6のデュアル方式」と、ドコモ光など光コラボレーションの「IPv6プラス」では、何が違うの?
・NURO光は「IPv6プラス」じゃないから、そのぶん通信速度が遅くなるの?

 

結論から言うと「IPv6プラス」の方がネット回線の混雑を回避する効果が高いですが、NURO光の回線はあまり混雑しないから「IPv6プラス」じゃなくても通信速度は速いです。

 

 

わかりやすく解説していきます。

 

 

「IPv6プラス」と「IPv4とIPv6のデュアル方式」の違いを知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください!

 

 

 

 

NURO光の「IPv4とIPv6のデュアル方式」と「IPv6プラス」の違いとは?

nuro 光 v6 プラス

 

NURO光の「IPv4とIPv6のデュアル方式」と、ドコモ光など光コラボレーションの「IPv6プラス」では、何が違うんでしょうか?

 

まずは、「IPv4」と「IPv6」の違いについて解説しておきます。

 

「IPv4」と「IPv6」の違い

 

「IPv4」と「IPv6」の違いはつぎの2点です。
・使用できるIPアドレス(住所)の数が違う
・混雑しやすいポイントを通過するか、しないかが違う

 

それぞれ解説します。

 

使用できるアドレス(住所)の数が違う

 

インターネットにつながる1つ1つの機器にはIPアドレス(住所)というものがあります。

 

「IPv4」と「IPv6」では、使用できるIPアドレス(住所)の数が全然違います。

 

「IPv4」の使用できるIPアドレス(住所)は約43億個ですが、
「IPv6」の使用できるIPアドレス(住所)は340濶(かん)個つまり340兆×1兆×1兆個です。

 

世界の人口は70億人以上いて、1分間に156人のペースで増えています。

 

43億個のIPアドレス(住所)では、いずれ不足してしまいます。

 

これからは「IPv6」に対応していくことで、そのような心配はなくなります。

 

 

混雑しやすいポイントを通過するかしないかが違う

 

 

「IPv4」は「PPPoE方式」という方式を使っていて網終端装置というポイントを通過しますが、
「IPv6」は「IPoE方式」という方式を使っていて網終端装置を通過しません。

 

網終端装置に多くのデータが送受信され混雑すると管理する設備が不足してしまいます。

 

「IPv6」の「IPoE方式」は、この網終端装置を通過しないので、多くの人がインターネットを使う時間帯でも混雑を避けることができ、通信速度が遅くなるのを防ぐことができます。

 

 

「IPv4とIPv6のデュアル方式」と「IPv6プラス」の違いとは?

 

NURO光の「IPv4とIPv6のデュアル方式」と、ドコモ光など光コラボレーションの「IPv6プラス」は、何が違うのでしょうか?

 

「IPv4とIPv6のデュアル方式」と「IPv6プラス」の違いは、つぎのような感じです。

 

 

IPv4とIPv6のデュアル方式 v6プラス
採用している回線 NURO光 ドコモ光

So-net光

IPv6に対応しているサイトへ接続する場合 IPv6(IPoE) IPv6(IPoE)
IPv6に対応していないサイトへ接続する場合 IPv4(PPPoE)

 

IPv4 over IPv6

(IPoE)

 

 

NURO光の「IPv4とIPv6のデュアル方式」は、
「IPv6」対応のサイトには「IPoE方式」で接続して
「IPv6」に対応していないサイトには「PPPoE方式」で接続します。

 

つまり、「IPv6」に対応していないサイトの場合「PPPoE方式」で接続するために網終端装置を通過することになります。

 

 

光コラボレーションの「IPv6プラス」は、
「IPv6」だけでなく「IPv6」に対応していないサイトにも「IPoE方式」で接続しします。

 

そのため、「IPv6プラス」は、どのサイトにアクセスする場合でも、網終端装置を通過しないですむので、混雑を避けられます。

 

 

それでは、NURO光は、ドコモ光など光コラボレーションよりも通信速度が遅くなってしまうんでしょうか?

 

 

NURO光は「IPv6プラス」じゃないから、そのぶん通信速度が遅くなるの?

nuro 光 IPv6

 

実際に通信速度を測ってみるとNURO光の方が光コラボレーションよりも速度が速いです。

 

その理由は、
光コラボレーションの回線は利用者が非常に多く混雑しやすいので「IPv6プラス」が効果的ですが、NURO光は独自回線を使っているため、そもそも混雑することが少なく、あまり影響を受けないですし、

 

もともとNURO光は、「2?bps」で、光コラボレーションは「1?bps」と最大通信速度が圧倒的に速いからです。

 

⇒⇒⇒今ならキャッシュバック45,000円!NURO光の公式サイトはこちら

 

 

 

NURO光は「IPv6プラス」じゃない!通信速度への影響は?

まとめ


nuro 光 v6 プラス

 

今回の内容をまとめると次のようになります。

  1. 「IPv4」と「IPv6」の違いは【使用できるIPアドレス(住所)の数】【混雑しやすいポイントを通過するかしないか】
  2. 「IPv4とIPv6のデュアル方式」と「IPv6プラス」の違いは【「IPv6」に対応していないサイトに接続する場合に混雑しやすいポイントを通過するかしないか】
  3. NURO光は独自回線を使っているため、そもそも混雑することが少ない
  4. NURO光は、2?bpsで、光コラボレーションは1?bpsとNURO光の方が最大通信速度が圧倒的に速い
  5. 実際に通信速度を測るとNURO光の方が光コラボレーションよりも速い

 

 

NURO光は通信速度が速いだけでなくつぎのようなメリットがあります。

・45,000円の高額キャッシュバック

・工事費が実質無料
・月額基本料が4,743円
・マンションなら月額基本料が1,900円から
・Wi-Fiルーターが無料でレンタルできる

 

速くて安い通信回線を求めている方には、NURO光がおすすめです!

 

⇒⇒⇒今ならキャッシュバック45,000円!NURO光の公式サイトはこちら

 

 

 

\人気の記事はこちら/